B 「クエン酸」の補給

運動中、体内ではブドウ糖が、細胞の中で燃やされてエネルギーとなりますが、燃え残ったいわば燃えカスがたまると酸性物質に変化し、これが疲労の原因になります。
しかし、クエン酸はこの酸性物質と結合してさまざまな酸に変化し続け、その間に酸性物質を分解してエネルギーに変えます。これが「クエン酸回路」と呼ばれる反応です。
クエン酸を補給し、クエン酸回路が正常に動いていれば、疲労物質の乳酸はエネルギー源として再利用され、体内にたまりにくくなるので疲労回復も早くなります。逆に、クエン酸が不足すると「クエン酸回路」が十分に機能せず、疲労物質の乳酸がたまる原因となります。



このウィンドウを閉じる