Honeyplus
プライバシーポリシー
Top サイトマップ 会社案内 お問い合せ ストア
携帯用固型マヌカハニー
オーガニックMG200+マヌカハニー
マヌカハニー
ニュージーランドハニー
ニュージーランドチョコレート

回復系サプリ「ここでジョミ」
ここでジョミのライト版
こだわった原材料の説明
スポーツ別使用方法
「ここでジョミ」Q&A
ここジョミクラブ
コ ラ ム

 
 

 
お取り扱いご希望の方は、
お気軽にお問い合わせください。 

メール:



当社は、2001年4月にマヌカハニーの輸入を始めて、今年で16年目になります。
いろいろなマヌカハニーと接し、現地を見てまいりました。

このOrganicMG200+マヌカハニーは、安心・安全、自信をもっておすすめできます。
 



熱を加えていない天然そのもの
安全安心のマヌカハニーです。

下記の内容をクリアしています。


バイオ・グロ オーガニック蜂蜜認定のための生産基準 18か条 

1.包括的なマネージメント計画

2.
採取場所から半径5km以内の全ての土地使用者から覚書

3.各種残留物と除草剤テストおよびその他の必要なテスト

.HMF(加熱損傷テスト)

5.使用される全ての大型容器の履歴及び材料

6.瓶詰め作業所での個別ライン(もし不認定の蜂蜜が抽出・製造・瓶詰めされる場合)

7.
蜂の巣箱を置く場所は園芸農場及び酪農農場から孤立した場所でなければならない。

8.
蜂の巣箱の周りは植物制御のためのスプレー使用は不可。

9.木材の化学薬品処理は不可。木製品保護のパラフィン・ワックス(石ロウ)の塗布は可。

10.
巣箱内での害虫や病気の駆除の為の化学薬品の使用は不可。

11.
収穫時に蜂を巣箱から追い出す際、化学薬品の使用は不可。

12.煙幕の焚き付け一松の葉は可

13.
蜂蜜枠の収納時に化学薬品の使用は不可。冷所収納は可。

14.ファンデーション・ワックスはオーガニック供給者から得られなければならない。

15.
巣箱は受粉・採花粉目的で使用されてはいけない。

16.
抽出および瓶詰め時において蜂蜜の温度は摂氏40度を超えてはならない。

17.サンプルの手続きはバッチごとで、明確に化学薬品テストの表示をしなければならない。

18.最終工程のろ過器のサイズは200ミクロン以上。

 
オーガニックMG200+マヌカハニー




MG値200+(ニュージーランドオーガニック認定)

OrganicMG200+
マヌカハニー


価格:¥4,800(税抜き)
MG値200+ 
内容量:250g
原材料:マヌカ蜂蜜
賞味期限:4年
原産国:ニュージーランド


ウッドランドのMG200+は、いままでのアクティブ10+に当てはまります。
+は、それ以上という意味です。
この商品のMG値は、通常MG250〜300mg/kgです。
現在販売中のMG値は、バッチ番号:1617B、MG267mg/kgです。(アクティブ値15+相当)

 
■このような方におすすめです ■栄養成分表 100gあたり
◆胃潰瘍、胃炎、消化不良、気管支炎、大腸の各疾病、咳、風邪、免疫力低下、皮膚潰瘍、、やけどなど
エネルギー:
325kcal
たんぱく質:
0.4g
脂質:
0.1g
炭水化物:
80g
ナトリウム:
4mg

食べ方:

蜂蜜ですので特にきまりはありません。一般的にはそのままパンなどに塗ったり、料理やお菓子に使ったり、紅茶などの甘味料として使用。
胃潰瘍など治療目的の方は、1日3〜4回空腹時にティースプーン一杯をそのままお召し上がり下さい。

その他の使用方法として:

原産国、ニュージーランドでは、その優れた殺菌効果から、やけど、日焼け、切り傷、すり傷、ただれなどの患部に直接塗ることもあります。


生産者:Woodland Honey NZ Ltd(ニュージーランド)

良質なマヌカが採れることで知られる北島コロマンデル地方最北端のマヌカ密集地中心に位置し、見渡す限りマヌカの森、ここで採蜜。


 MG200+マヌカハニーとは何か、

ニュージーランド国立ワイカト大学のピーターモラン博士が、「マヌカハニー」には、他のハチミツに見られない非常にすぐれた治療特性があることを発見しました。
この研究の結果、「マヌカハニー」は、ぶどう状球菌、連鎖球菌、スタファワレアス、大腸菌、サルモネラ菌などを消滅させ、皮膚の炎症、化膿をも改善することなどが解ってきています。

また、最近になって、
胃潰瘍の原因菌として話題のヘリコバクタピロリ菌、虫歯の原因菌などの活動を停止させる特異な殺菌、抗菌作用を持つこともわかり、この優れた効果は他のハチミツには見られません。


 
MG表記について

ニュージーランド第一次産業省の法改正によるもので、2015年から「MG」表記になり、「アクティブ10+」は、「MG200+」に変わります。
中身は、今までと変わりません。

いままで使用していたアクティブ数値は、マヌカハニーの抗菌殺菌効果や濃度を数字にしたもので、数字が大きくなるほど抗菌力が増します。
MG表記はアクティブ数値の抗菌殺菌効果が食物メチルグリオキサールだと解明したドイツの大学が1kg当たりに含まれる量(mg)を数値で表したものです。
抗菌力を数字にしたのがアクティブ値、その成分の含有量を示したのがMG値ということになります。
アクティブマヌカハニーの表記は、今後、統一され、MG表記に変わります。

ウッドランドのMG200+は、いままでのアクティブ10+に当てはまります。
+は、それ以上という意味です。この商品のMG値は、大体MG250〜300mg/kgの間です。




 
マヌカハニー活性値の秘密

マヌカハニーは、時間がたつとなぜか活性値の数値が、上がります。
年数の過ぎたマヌカハニーを測定すると当然数値は、高くなります。

これは、瓶詰された商品でも同じです。

食べかけのマヌカハニーが、、MG300,400になっているかもしれません。

お約束します。
Woodland社のマヌカハニーは、新蜜をはやく瓶詰、出荷するために採取されたものをすぐに検査に出しています。

数値は、あくまでも抗菌力を示すもので、品質の良さを表すものではありません。
 


 
ハチミツの白いまだらの正体について

天然の糖分が分離、気泡が混ざり、白く霜降り模様に見えることがあります。
しかしこれが、天然に近い状態を維持していることでもあります。

まったく問題ありませんので安心してお召し上がりください。

蜂蜜は、時間が経つと空気と触れるビン上部は、乾燥し白い幕を作ります。
これも蜂蜜の酵素が多く含まれているからです。

ビンの中でハチミツが発酵を続け「泡」を吹く状態が続きます。
泡が上部に上ってきて白い幕を作ります。


これで蜂蜜が良い状態を保つことが出来ます。
かき混ぜるときれいに混ざります。

逆に、蜂蜜を湯せんして熱を加えると発酵がとまりますのでこういったことは起こりません。

酵素は熱に弱い。
このOrganicMG200+マヌカハニーは、オーガニック認定の蜂蜜です。
採蜜から40度以上の熱にさらさないようにしています。


▲ページの先頭にもどる

大雄産業株式会社
  Copyright (C) 2007 Daiyuindustry Co.,Ltd All Rights Reserved.