Honeyplus
プライバシーポリシー
Top サイトマップ 会社案内 お問い合せ ストア
 
製品概要 原材料説明 利用方法 アスリート仲間 「ここでジョミ」Q&A

 ジョミライト    アスリートのために  スポーツと活性酸素 
アスリート紹介  1コインモニター募集中  Topics
 

 
 

   トレイルランナー

  丹羽 薫 
 2015年度レース報告
2016年度レース報告
2017年度レース報告
 2018年度レース  

Hardrock100 (2018年7月20日)

Lavaredo Ultra Trail 120km (2018年6月22日)

  
  Hardrock100  (アメリカ・コロラド)

 Hardrock100 ( Hardrock Hundred Mile Endurance Run )は、アメリカ・コロラド州のSan Juans(サンファン山脈)を中心に開催される100マイルースで、2018年は7月20日(金)〜22日(日)に開催された。





Hardrock100は、距離161.7.km(D+10360m)で、制限時間は48時間。「最もハードな山岳レース」と呼ばれるその由縁は、平均標高の高さにある。

スタート・フィニッシュ地点のシルバートンの標高はすでに2840mあり、最高地点は4280m、コースの平均標高は3300mを越える。コース上、最も低いところにあるエイドステーションでも標高2400m。

とにかく、高所では疲労が蓄積しやすい。
この疲労感は恐ろしいもので、後半に行くほど、今までのレースでは感じたことの無いほどの全身疲労に襲われた。

そもそも、前夜の寝不足もたたって、序盤は全くペースが上がらず、あまり体に力が入らず、フラフラする状態。こんな状態でこの過酷なレースを完走出来るのだろうかという不安がよぎる。

しかし、
スタート前と、レース中2時間おきに飲んでいる「ここでジョミ」が効いてきたのか、スタートから4時間半ほど経過して、やっと元気が出てきて、体が動き出した!

そこからは非常に順調に進んだが、後半エイドのベーコンを食べ過ぎて胃にむかつきを覚えた。

何も食べたくなくなったが、食べられないわけでは無い。他のものは食べられなくても、とにかくここでジョミだけは欠かさないように注意した。

そのおかげで、疲労感の波はあり苦戦したが、最後まで集中力を切らさずに、ガレたトレイルを攻め続けることが出来た。

こんなに苦しい思いをしたのははじめてだったが、なんとか女子4位でゴール出来た。

レース後の体のダメージは過去最高で、
リカバリーにも「ここでジョミ」を使用した。
レース後は疲労が激しく、免疫力も低下して、口内炎や口角炎が出来たり、風邪をひきやすかったり特に気をつけなければいけない。
そういうとき、1日1本のここでジョミが効果的だと感じた。

今は疲労からも回復し次のUTMBに向けてトレーニングに励んでいます。
引き続き応援よろしくお願いします!



 ウルトラトレイルワールドツアー
 Lavaredo Ultra Trail 120km (イタリア ドロミテ)
 





今回のLavaredo Ultra
Trailは世界の強豪が集まる、ウルトラトレイルワールドツアーの1戦でイタリアのドロミテの山々を走り抜ける120キロのレースでした。

私にとっては得意とする100マイルレースよりも距離の短い高速レースですが、ベストを尽くして戦い、トップ10入りを目指しました。

いつも通りスタート30分前にここでジョミをとり、レース中も2時間に1本ずつここでジョミを摂取。

BCAAや抗酸化作用のあるカマズミ果実の入ったここでジョミを飲むと、疲労が軽減され、また頑張れるブーストのような存在です。
とてもタフなレースでしたが、最後まで前を追い続け、諦めず、集中力を切らさずに頑張ることが出来ました。


結果は12位と、表彰台には及びませんでしたが、これだけの世界の強豪を相手に、最後まで戦えたのは、良いサプリメントを沢山使い、ベストを尽くしたおかげだと思います。

次はアメリカのHardrock100という得意な距離のレースです。
ここでジョミを使って、次こそは表彰台に上がりたいと思います!

応援本当にありがとうございました。

丹羽 薫

 
 
 
大雄産業株式会社
  Copyright (C) 2007 Daiyuindustry Co.,Ltd All Rights Reserved.