Honeyplus
プライバシーポリシー
Top サイトマップ 会社案内 お問い合せ ストア
 
製品概要 原材料説明 利用方法 アスリート仲間 「ここでジョミ」Q&A

  アスリートのために  スポーツと活性酸素  アスリート紹介  1コインモニター募集中  Topics 

 2010年度Topics
2011年度Topics
2012年度Topics
2013年度Topics
2014年度Topics
2015年度Topics
2016年度Topics


 いよいよスタート!!

「こけちゃいました」で、オリンピック8位入賞した谷口浩美さんのDNAを引き継いだ
谷口 裕樹監督率いるチームTMCが、始動しました。

青島太平洋マラソン 12月13日

初陣となるレースで、谷口詳選手が、2時間42分でゴールしました。

今後の若きチームTMCの活動が楽しみです。

 詳しくは、・・・谷口メディカルコンディショニングブログ
         レース詳細A レース後半補給B
フェースブックは、こちら谷口メディカルコンディショニング
チームTMC
チームTMC、上原・谷口・的場選手   スタート前の「ここでジョミ」補給 
     
レース中の「ジョミライト」補給      レース後の「ここでジョミ」補給
     
谷口詳選手ゴール    的場選手ゴール 
谷口選手は、徹夜明けのレースとなりました。
それでも笑顔で2時間42分、超人です。
理由は、こちら 
   
 
 

UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ) 2015年9月25日〜27日

丹羽 薫さんが、 女子日本人トップ!!4位入賞しました。


 

総距離168q、富士山の山麓、登山道、歩道、林道などを走り続け、
富士山を1周する過酷なレースで見事な走りを見せてくれました。

 
丹羽 薫さんからの報告です。

今回は、「ここでジョミ」をスタート1時間前に1本、30分前に1本、レース中に3時間おきに1本、レース直後に1本で計11本使用しました。
また、ジョミライトをジェル代わりに使用し、12本ほど使用しました。

基本は、エイドステーションによるたびにサポートの方から受け取ってその場で飲んでいたんですが、最初の6時間ほどだけはサポートが入れない区間だったので、1個だけ持ってスタートしました。

  「ここでジョミ」を渡そうとしているところ
  

私は、本当に「ここでジョミ」がよくあうようで、これをサポートエリアで飲むたびに、また元気になって出発できました。

130キロ以上走ってもこんな感じで元気にエイドから出発できました。



次のハセツネでも「ここでジョミ」をいっぱい投入してがんばりたいと思います。

 
 

 
第35回全日本トライアスロン皆生大会 2015年7月19日

 初優勝!!やってくれました!!

おめでとうございます。

秦 陽一郎選手

 
 



 バラモンキング(五島長崎国際トライアスロン大会) 2015年6月14日
 
秦 陽一郎選手

プロカテゴリー、第2位

42才サラリーマンアスリートが、 プロカテゴリーにおいて2位に入りました。

 1位は、宮古島大会でも優勝している若手実力者戸原選手。
1位戸原選手と2位秦選手
 

 今回の補給では、計画通り摂取できたおかげで最高のパフォーマンスを発揮することができました。
 
 【 ここでジョミ補給方法 】

バイクは 「ここでジョミ」15本(量を把握するためそのまま袋で背中のポケットに携帯)、「マヌカ・エネルギーバー」1本(4つ分割)、「マヌカ・エネルギーセル」3本(12口)を用意しました。

15分毎にアラート設定して「ここでジョミ」を1本づつ摂った。そのあと、すぐに「マヌカ・エネルギーセル」と「マヌカ・エネルギーバー」どちらかをを1口こまめに摂るようにしました。

「急激に大量の糖質を入れるとハンガーノックに陥ってしまい、逆にだるさを感じる」と教えてもらったので、こまめな補給方法に変更
最後までだるさや空腹感の症状は感じませんでした。

「ここでジョミ」は、エネルギー補給の使い方よりも、身体と胃腸へのダメージを減らしてくれてエネルギーと水分の吸収を助けてくれるような存在でした。

ランニングは、バイクで補給をたくさん摂りていたので焦りもなく、エイドが見えたら「ここでジョミ」を摂り、水で流し込みました。後味もすっきりして快適な感じだった。

レース後半苦しくなったら、「ここでジョミ」に頼り、苦しい場面を乗り切ることができ、ラスト1Kは3’45”まで戻すことができたのは「ここでジョミ」のお陰です。

ここでジョミ」を握り締め力走
 
2010年度Topics
2011年度Topics
2012年度Topics
2013年度Topics
2014年度Topics
2015年度Topics


 
 
当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

大雄産業株式会社
  Copyright (C) 2007 Daiyuindustry Co.,Ltd All Rights Reserved.