Honeyplus
プライバシーポリシー
Top サイトマップ 会社案内 お問い合せ ストア
製品概要 原材料説明 利用方法 アスリート仲間 「ここでジョミ」Q&A

  アスリートのために  スポーツと活性酸素  アスリート紹介  1コインモニター募集中  Topics 

過去の体験談
2015年度
2014年度
2013年度
2011年度
 2010年度
2012年度レース体験談

第18回日本トライアスロン選手権大会(2012年11月11日)
 2012年11月12日
 長谷川健
 

     
 
     
 
お世話になっております。SUNNY FISHの長谷川です。

昨日は寒い中応援していただきありがとうございました。
スイムに課題が残りますが、ランは今期ベストタイムを出す事が出来ました。

昨日は、スタート40分前に1本、バイク30kmで1本、ラン3kmで1本を試しました。
今年からジョミを使わせてもらって、自分に合ったタイミングが少しずつ分かってきました。

・ウォーミングアップではレースに近い心拍まで上げてから40分前に飲むのが合っているようです。
 昨日は早めに準備をしたのですが、スタート前バタバタして心拍を上げきれなかったのが反省点です。

・バイクでは20km過ぎに1本の予定だったのですが、余裕が無く30km過ぎになってしまいました。
 スタート直後に1本、20km過ぎに1本を試してみます。

・ランではきつくなってきた3kmで1本飲みました。すっと身体が楽になる感じがありペースアップ出来ました。
でもラスト1周残り2.5kmから少しペースダウンしてしまったので、ランでも2本準備して3km、7kmぐらいで試してみます。

ジョミはすぐ身体に染み込む感じが実感出来ます。○○ジェルやカーボ○○は胃に残る感じです。
どうしても1本の値段が高いので、思い切り使えなかったのですが、次からはケチらず使っていきたいと思います。

現在自分は、SUNNY FISHトライアスロンスクールのコーチをしながら選手活動をしています。
会員さんにも自信を持ってジョミはおすすめ出来ます。
まずは今年の疲れを取り、来シーズンに向けて練習を再開したいと思います。

良い報告が出来るように頑張ります。よろしくお願いします。


SUNNY FISH 長谷川健


 

第2回倉敷国際トライアスロン大会(2012年7月29日)

 2012年8月8日
 赤川 洋 

 
7月29日(日)に行われた第2回倉敷国際トライアスロン大会に出場してきました。
51.5kmのオリンピックディスタンスです。
517名が完走、総合63位でした。


この大会の開催は2回目ですが、これまでは「ファッションタウン児島国際トライアスロン大会」という名称で開催されていました。
財政難で第10回を最後に廃止されました。しかし、昨年に復活、倉敷国際トライアスロン大会となりました。

コースの特徴)
スイムは、児島競艇場を利用し、波が無く泳ぎやすいため、スイムのタイムが速くなる傾向にあります。
バイクは、鷲羽山スカイラインを2往復する、ヒルクライム型のキツイコースです。
ランは、下津井電鉄線路跡〜昔ながらの武家屋敷を通るコースです。地域住民の応援が素晴らしく、ホース水をかけてくれたり、氷をくれたりして、暑さを忘れさせてくれます。

【大会当日】
スイム
第4ウェーブスタート(第1ウェーブスタートから9分後)だったので、気分的に楽でした。
「ここでジョミ」1本をスタート30分前に、ミネラルウォーターのペットボトルに入れて飲みました。
スタート後、バトルはほとんど無く、前を泳ぐ選手を抜きます。疲労感など感じず、気持ち良く泳げました。
26分20秒、75位。

バイク
「ここでジョミ」1本をハンドルバーにマジックテープでとめました。鷲羽山スカイラインを通るヒルクライムと暑さで、息が上がります。
折返しして下ると、時速50km出て恐怖を感じました。

あと1周目のところ、身体が疲れてきました。秘密兵器「ここでジョミ」の登場です。
「ここでジョミ」1本を飲み、麦茶の入ったバイクボトルを飲みました。徐々に身体が楽になってきました。
さらにペースアップしました。

ランに移る時、脚はまだ元気です。
トランジションで「ここでジョミ」1本を用意し、手に持って走りました。
2時間29分41秒(84位):トランジション通過時74位

ラン
10kmは暑さとの戦いでした。太陽の光、地面からの熱で身体的パワーを消耗させます。エイドステーションで水とスポンジを貰い、冷却に努めました。
「ここでジョミ」のおかげか脚が軽いですが、呼吸は苦しいです。

折り返して、エイドステーションで「ここでジョミ」1本を注入。ペースを上げていきました。暑さなど忘れて走りました。

何やら大声で叫んでいます。
周囲を見ると、手を振っているボランティアさんがいます。コースから逸脱して走っているのに気が付きました。慌てて元のコースに戻りました。1km位ロスしたようです。
「バカみたいに夢中になる」という、いつもの癖が出ました。

ゴール地点である児島競艇場に入り、自分の娘と嫁さんを探しました。そして、一緒にゴールしました。
娘にかっこいいパパを見せることが出来て、幸福でした。
また、トランジション通過時74位から63位に上がったのが、とても嬉しかったです。
「凄いじゃん、自分!」と思いました。

何人か熱中症でリタイヤされた選手がいましたが、「ここでジョミ」のおかげで楽しく走ることが出来ました。
身体に疲労感などなく、そのまま家族と一緒にうどんを食べに行きました。


以上、報告でした。

応援ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。
  

 
 

ページの先頭にもどる
大雄産業株式会社
  Copyright (C) 2007 Daiyuindustry Co.,Ltd All Rights Reserved.