Honeyplus
プライバシーポリシー
Top サイトマップ 会社案内 お問い合せ ストア
Photo/Sho Fujimaki
製品概要 原材料説明 利用方法 アスリート仲間 「ここでジョミ」Q&A

ジョミライト     アスリートのために  スポーツと活性酸素  アスリート紹介  1コインモニター募集中  Topics 


トレラン、スキーで活躍する女性アスリート

Midori Hoshino
 星野 緑
 
2010年度トランスレースジャパン完走
2009年度
日本山岳耐久レース(ハセツネCAP)優勝
XTERRA トレイルラン 日光白根丸沼大会 女子の部優勝

日本山岳耐久レース(ハセツネ30K) 女子の部優勝
2008年度
日本縦断トランスジャパンアルプスレース 完走(タイム:7日間15時間31分)
山田昇記念杯登山競走大会 優勝
日本山岳耐久レース(ハセツネCAP)4位 (前年度2位、前々年度3位)
高尾山天狗トレイル 優勝(3連覇)
第6回奥武蔵高原スーパークロスカントリー 優勝(大会新)

その他
2003年〜2007年、全日本スキー技術選手権大会出場
2005年第60回国民体育大会(岩手りんどう国体)埼玉県代表
2004年〜2008年、埼玉県スキー連盟デモンストレーター

活動拠点:群馬県 川場スキースクール講師
 

 レース参戦レポート報告  

トランスレースジャパン2010 (2010年8月8日〜8月15日)

第17回 日本山岳耐久レース 2009 ハセツネ (2009年10月11〜12日)

XTERRA トレイルラン 日光白根丸沼大会 2009年8月30日(日)
 
OSJ志賀高原トレイル50K 2009年7月5日(日)

 
 
  トランスレースジャパン2010 (8月8日〜8月15日)    

総距離:426.7q
厳しい選考会をクリアした23名(男子:20名、女子:3名)の選手が参加。
うち完走者:15名

レース中は発達した台風4号の影響で、山は大荒れの天候となり、きびしい悪条件の中で、みごと完走を果たした星野緑選手からの報告です。


8月8日午前零時に富山県魚津市の早月川河口をスタート

まずは馬場島から剣岳を目指し、立山、薬師岳、黒部五郎、三俣蓮華、槍ヶ岳、そして上高地へ、北アルプスでは、胃の調子が悪く、ほとんど食べる事ができず、フラフラでした。
上高地から中央アルプスの入り口の木曽駒が岳まではロードを60キロ移動。
ロードでは左足に激痛が発生して、まともに歩けずでした。

頭の中では、止めたい、止めてしまおうかと葛藤でしたが、なんとか足を進める事ができました。

中央アルプスは、木曽駒が岳、宝剣山、檜尾岳、駒ヶ根市へ下山。山では足の痛みが全く平気で、体調も復活し、元気に進みました。
駒ヶ根から南アルプスの入り口の市野瀬までは、またロードを30キロ。やはりロードでは足が痛いので、のんびり進みます。

市野瀬からは、あまり人が入らない地蔵尾根を登り、仙丈ヶ岳へ、仙丈ヶ岳、塩見岳、荒川岳、赤石岳、聖岳、そして茶臼小屋から畑薙へ下山しました。

下山後、ゴールまで85キロロードです。
これが強烈にきつかったです。

眠さ、足の痛さ、食糧ゼロ、暑さ、熱気等々でフラフラになりましたが、8月15日17時24分にゴールの大浜海岸へ着くことができました。

レース中4日間雨、南アルプスの初日は台風で稜線では風雨の中・・・・・
ずっと濡れたシューズと靴下だったので、足裏がシワシワを通り越し、深い、深いシワが刻まれ、それがとても痛かったです。

今回ジョミは何本摂取したのだろう??

荷物を軽量しているので、最低限しか持っていかなかったのですが、フラフラになったときに、ジョミを口にしていました。
最後のきつーいロードでは、ジョミがなくなっていたので、残しておかなかったことに、とっても後悔。

痛くて、フラフラで何度も止めたい、止りたいと頭の中でグルグル、それでも、参加選手はみんな同じ思いをしているんだと思ったり、応援して下さる方々の力をもらい、なんとかゴールすることができました。

1週間でいろいろな状況を経験しましたが、大きな怪我もなく、ゴールすることができ、ほっと安心しています。


 
Photo/Sho Fujimaki Photo/Sho Fujimaki
 

 2009ハセツネ優勝おめでとう!!


ハセツネ、春に続き、2冠達成!!

星野 緑選手

女 子 総 合 優 勝 !!
第17回 日本山岳耐久レース 2009
(2009年10月11・12日)
記録:10:10:22


2006年総合3位、2007年2位、2008年4位
タイトルに後一歩だった星野緑選手が、ついに悲願を達成です。


  

 2009年ハセツネレース報告


前半は何故だか体が動かず、心拍もあがらず、そのうち動くようになると信じて、マイペースに進みました。
第一関門手前でようやく体が動き出し、いつも通りの動きをすることができました。
しかしやはりトレーニング不足。
中間地点までに足がヘロヘロになってしまっていました。

後半は、ひたすら我慢。
体が動く時と動かなくなる時が交互にやってくるのですが,
今ここで力を使ってしまうとラストまで持たないと思い、とにかくぺースを押えました。
そして最後のピーク、日の出山の手前で、ここだ!と思ったのでラストスパート。
とにかく走りました。

サポートして下さっている方々、応援してくれてる方々の言葉が頭の中でグルグル。
無我夢中に走り、10時間10分でゴール。

すごく疲れました。余力なし。

運良く優勝することができましたが、優勝より終わった事が嬉しかったです。

レース後、たっくさんの「おめでとう」メールが届いて凄く嬉しく、みんながいるから今の自分がいるんだって感謝の気持ちです。


今回、ここジョミは8本をフラスコボトルに入れ持って行きました。
30分〜1時間ごとに、ここジョミ1口、2口摂取、その後、他のエネルギージェルを摂取。
後半は、ジェルを受け付けられず、ここジョミのみをチョコチョコ口にして耐えました。

今回も「ここジョミ」パワーで走り切ることができました。

レース後も2日間3食後に摂取した効果か、3日目には筋肉痛や疲労が全くなくなりました。

今年は11/8の奥武蔵クロスカントリーでレース終了です。
ラストレースもここジョミと一緒に楽しく完走したいです。

星野 緑
Photo/Sho Fujimaki
2009年レース報告
XTERRA トレイルラン 日光白根丸沼大会  2009年8月30日(日)

女子の部優勝

レース中の力走 優勝インタビューに答えて

本日、「XTERRAトレイルラン日光白根丸沼大会」に参加してきました。
距離は30キロのミドルレースでしたが、
標高2000メートル以上での激登りや走れるコースは
心肺がドックンドックン・・・・
標高慣れするまでに時間がかかりました。
結果は女子で優勝することができました。
志賀50K以来、全く走っていなかったので完走すらできるのか
不安でしたが、ジョミパワーです。ほんとです。
後半、太ももの内側が筋疲労からか、つってしまったのです。
つるのが生まれて初めての事で、どうすれば良いのか考え
水分補給とジョミで対応しました。
なんとか回復し、ゴールまで走りきることができました。
きっとジョミ効果ですね。
今回は6本摂取しましたが、もう2本位持っていけば良かったと思いました。


久しぶりに心拍をあげ、汗をたくさんかき、今は体がすっきりしています。
今夜もジョミを飲んで休もうと思います。

きゅうりの収穫もあと数日で終わりそうです。
終わったらハセツネに向け、走りださないと、またつってしまいます。
体は正直ですね。
レースを楽しむために、練習をしないとです。

星野 緑


 
 
OSJ志賀高原トレイル50K 2009年7月5日(日)

女子の部2位

Photo/Sho Fujimaki
Photo/Sho Fujimaki Photo/Sho Fujimaki Photo/Sho Fujimaki
コメント:
天気も良く、標高2000メートル前後だったので涼しく、いいコンディションだったと思います。
空気が薄い状況の中、体が動かなくなりそうな時に、「ここジョミ」を飲んでパワーをもらえました。今日も少し疲労感が残っていますが、「ここジョミ」のお陰で日常生活には支障ないように感じます。




2009年5月24日(日) 赤城山トレイルランニング・レース 女子の部2位


2009年4月19日(日) 日本山岳耐久レース(ハセツネ30K) 女子の部優勝
コメント:
ザックには「ここでジョミ」です。5本持っていきましたが、すべて摂取しました。やっぱり効きますよ!



Honeyplusの「ここでジョミ」を使用して

これまで他社のアミノ酸系サプリを飲んでレースにのぞんでおられた星野緑さんが、高尾山天狗トレイル・奥武蔵クロスカントリーにてHoneyplusの「ここでジョミ」を使用した時の感想をお寄せくださいました。
星野 緑 2008年11月15日

高尾天狗トレイル18km・奥武蔵クロスカントリー17kmでの短いレースにて使用。
スタート30分前、レース中間、そしてゴール後すぐに計3本飲みました。
レース中盤で飲んだ後、すぐに体が軽く動くのを感じました。
レース翌日には、今までは、前日の疲労でむくみが酷い事が多かったのですが、軽減されグッタリ感がほとんどありませんでした。

今までも○○○・・・等のアミノ酸を飲んだりしていましたが、あまり効果を体感することは、ありませんでしたが、ここジョミは、これまでのサプリメントにはない効果を感じました。

味は、ハチミツがベースになっているので飲みやすく、抵抗なく口にすることができます。
とても気に入りました。

その後のトレーニングでも愛飲し続けております。

これからもよろしくお願いいたします。

あと「携帯用固型マヌカハニー」は、とってもおいしいです。
レース前、「ここジョミ」を飲んだ後、スタートまでずっとなめていました。


 
 


大雄産業株式会社
  Copyright (C) 2007 Daiyuindustry Co.,Ltd All Rights Reserved.