Honeyplus
プライバシーポリシー
Top サイトマップ 会社案内 お問い合せ ストア
製品概要 原材料説明 利用方法 アスリート仲間 「ここでジョミ」Q&A

ジョミライト     アスリートのために  スポーツと活性酸素  アスリート紹介  1コインモニター募集中  Topics 
ジョコビッチの食事術


トレラン、スキーで活躍する女性アスリート

Midori Hoshino
 星野 緑
 


  2017年度
八方尾根大バーティカルレース 優勝
山岳スキー競技日本選手権 優勝
山岳スキー世界選手権 完走
2016年度
日本山岳耐久レース(ハセツネCAP)2位
八方尾根大バーティカルレース 優勝
2010年度トランスレースジャパン完走
2009年度
日本山岳耐久レース(ハセツネCAP)優勝
XTERRA トレイルラン 日光白根丸沼大会 女子の部優勝

日本山岳耐久レース(ハセツネ30K) 女子の部優勝
2008年度
日本縦断トランスジャパンアルプスレース 完走(タイム:7日間15時間31分)
山田昇記念杯登山競走大会 優勝
日本山岳耐久レース(ハセツネCAP)4位 (前年度2位、前々年度3位)
高尾山天狗トレイル 優勝(3連覇)
第6回奥武蔵高原スーパークロスカントリー 優勝(大会新)

その他
2003年〜2007年、全日本スキー技術選手権大会出場
2005年第60回国民体育大会(岩手りんどう国体)埼玉県代表
2004年〜2008年、埼玉県スキー連盟デモンストレーター

活動拠点:群馬県 川場スキースクール講師

     過去レース報告・・・  
 
 2017年度レース 参戦レポート報告  
 
第3回白馬八方尾根大バーティカルレース 優勝!! 4月9日

レース名:第3回白馬八方尾根大バーティカルレース
日時    :2076年4月9日
開催地  :長野県  八方尾根スキー場  ウサギ平ゲレンデ、黒菱ゲレンデ、他ゲレンデ横のコース外
必携装備品    :山スキー一式、ザック(スキーを固定できるもの)、ヘルメット(スキー用、自転車用で可)

 
大会結果  女子総合 1 位   1 時間 01 分 14 秒




大会を終えて・・・

大会当日の朝は小雨。大会コースを見上げると霧の中。 スタート会場へ向かうゴンドラに始発で乗車をしました。

しかしゴンドラを降りると、外は雲の上で、雨も霧もなく気分が上がりました。

スタート後、ゴンドラ線下をシールで登り、うさぎ平ゲレンデ横にセパレートされた特別コースを登ります。アルペンスキーの方々から温かい声援をいただきます。

バーティカル部門のゴールで滑りのトランジット。
シールを素早く剥がします。

その後、黒菱ゲレンデのオフピステはクラストで滑りづらく、とても集中しました。

次はツボ足、シールの登りを経て、ウサギ平のコブ斜面の滑り。最後はシールの登りでゴールとなりました。

私達アルペンスキーヤーには八方尾根スキー場は聖地です。

その聖地で山岳スキーレースが開催されるなんて想像もつきませんでしたが、大会実行委 員長の松澤幸靖さん(スキー界の神)や大会スタッフの熱意が伝わり、そして八方尾根スキー場側のスノースポーツの多様化への理解があり、大会が実現されているように思います。
とてもいいコース設定で、大変楽しむことができました。


大会結果  女子総合 1 位   1 時間 01 分 14 秒

昨年が 1 時間 9 分でしたので、1 時間切りが目標でした。
来年は必ず切ります!


ここでジョミのおかげで、レース後の疲労も軽減できて、体のケアもばっちりです。

応援ありがとうございました。


星野緑
2017.4.11



 
第 11 回山岳スキー競技日本選手権大会 
優勝!! 4月2日


 レース名:第 11 回山岳スキー競技日本選手権大会
日時    :2076年4月2日
開催地  :長野県  栂池高原 ゴンドラ山頂付近から上部の山岳エリア
必携装備品    :スキー(男子 160 p以上  女子 150 p以上)ブーツ、ストック、雪崩ビーコン雪崩ゾンデ棒スコップ、サバイバルシート、ザック(スキーを固定できるもの)、ヘルメット(登山用具安全規格に適合したもの) シール 1 組、手袋 1 組、サングラス(ゴーグル可)


大会結果  女子総合 1 位   1 時間 37 分 32 秒

 



大会を終えて・・・

大会当日、素晴らしい快晴。気持ちのいいスキー日和となりました。

大会コースは栂池高原スキー場のゴンドラ山頂降り場の近くからスタートをします。

そこから上部の森の中へコースが設定されています。
非圧雪、バックカントリースキーです。

ゲレンデスキーヤーの私には、わくわくドキドキの世界で、たまりませんでした。

森の中をスキーにシールをつけて登り、クラストやらガリガリアイスバーンなどの多様な状況を滑り、また登り、スキーをザックに固定しツボ足で登る。

登りはゼイゼイ、はぁはぁときついです。
滑りは、圧雪されていないのでバランスを取るのに必死。
それでもゴール後の達成感、爽快感がたまりませんでした。


応援ありがとうございました。

星野緑
2017.4.12


 
 2016年度レース 参戦レポート報告  

 第24回ハセツネCUP・日本山岳耐久レース 2016   10月9日

星野緑さんがハセツネに帰ってきました!!

女子総合2位入賞!!


 
     
     

出産・育児でしばらくレースを離れていましたが、これで完全復活です。

これからが、楽しみです!!
 

 星野緑 2016年10月13日


24回日本山岳耐久レースに参加してきました。

前回の参加は2013年、長男が1歳の時 その前は2009年 今回は次男が1歳になり、実家の母に見てもらえるので参加することが出来ました。

レース離れしていること、71キロを走りきれる走力への不安から、スタートから抑えました。

とにかくマイペース。

第一関門 浅間峠 第二関門 月夜見駐車場 そこまでは笑っていられましたが、その先は疲れてしまい我慢でした。

それでも焦らず、一歩一歩自分のペースを守りました。

そして最後のピーク日の出山からは、あと10キロだけと思い、歩かず走り続け、
10
時間7分でゴールすることができました。

順位は、まさか、まさかの2位になることができました。


今回の補給は10時間行動を想定していました。

ここでジョミ 9本 ジョミライト 18本 エネルギージェル 5つ 全てフラスコに入れ、あまり間隔をあけずに 少しずつ、少しずつ取るように心がけました。

追い込まず、マイペースに足を運んでいたからか、今回は全く気持ち悪くなるようなことはなく、エネルギーを取ることができました。

ジョミライトは癖がなく、レース中も美味しくとれます。
身体が動かなくなった時に、ここでジョミを少し口に含み、しばらくすると、動くようになります。
本当に助かりました。

久しぶりのハセツネカップ、ジョミパワーでゴールをすることができました。

応援ありがとうございました。


星野緑
2016.10.13



「ここでジョミ」購入する 

大雄産業株式会社
  Copyright (C) 2007 Daiyuindustry Co.,Ltd All Rights Reserved.